新党日本が比例選で1議席確保、田中代表が当選

7月30日0時51分配信 読売新聞

 新党日本が比例選で1議席を確保し、田中康夫代表(51)が当選した。

 田中氏は一橋大在学中の1980年に小説「なんとなく、クリスタル」で作家デビュー。2000年の長野県知事選に初当選し、「脱ダム宣言」を掲げるなど、公共事業改革を進めた。02年7月には県議会で不信任案が可決したことを受け、失職を選択。同9月の県知事選で再選された。

 05年8月に新党日本を結成し、代表に就任。3選を目指した06年の知事選で落選した。

 今回の参院選では、選挙区には候補者を立てずに、比例選に、田中代表のほか、ジャーナリストの有田芳生氏、党総務局長の平山誠氏の3人を擁立した。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 00:51 | 政治  

<< 首相が続投の意向表明、中川幹事... 坂本氏が3新人破り返り咲く…衆... >>