「国づくり、責任果たす」=安倍首相、「苦しい」も連発-自民・参院選

2007/07/29-23:41 時事通信

f0013182_1344437.jpg 参院選での惨敗を受け、安倍晋三首相は午後10時20分すぎから、東京・永田町の自民党本部でテレビのインタビューに応じた。厳しい表情で「大変厳しい結果」「苦しい状況」と繰り返しながらも「国づくりに総理として責任を果たす」と強調、首相続投の意向を示した。

 中川秀直幹事長は同9時すぎ、テレビ中継で「最後までアゲンストの風を止めることができなかった。不規則発言や政治と金の不透明感が響いている。(風を)止めることができなかった、そんな感じが実感としてあった」と硬い表情で話した。

 また、自身の責任については「私の責任。最終結果が出てから、私の考えを(安倍)総裁に申し上げたい」と述べた。 

 開票センターでは午後9時半ごろ、テレビの当選確実の報を受け、石原伸晃幹事長代理らが壁に張り出された当選確実の候補者名に赤い花を付け始めた。
 安倍首相も当確の出た候補者に花を付けたが、カメラに向けた顔に笑顔はないままだった。(了)
[PR]

by deracine69 | 2007-07-29 23:41 | 政治  

<< 国民新・亀井氏が初当選、自民現... 東京選挙区、公明現職の山口氏が再選 >>