民主・武内氏初当選、「美しい国」批判の田村氏下す…高知

7月29日23時4分配信 読売新聞

 高知選挙区(改選定数1)では、元高知市議の新人武内則男氏(48)(民主)が初当選した。現職で3選を目指した田村公平氏(60)(自民=公明推薦)は及ばなかった。

 武内氏は連合高知や社民県連のほか、地元の広田一参院議員(無所属)や民主党幹部の全面支援を受け、年金問題の解消などを強く訴え、無党派層にも幅広く支持を拡大、強固な自民地盤を突き崩した。

 田村氏は、与党への逆風に加え、安倍首相の掲げる「美しい国」を演説で批判し、首相の高知入りが見送られる事態を招いたことなども響き、勢いづく武内氏に抗しきれなかった。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-29 02:04 | 政治  

<< 赤城農水相 続投に意欲 麻生外相、投開票日翌日にフィリ... >>