自民・山本一太氏が3選…群馬

7月29日21時20分配信 読売新聞

 群馬選挙区(改選定数1)では、現職の山本一太氏(49)(自民=公明推薦)が、福祉団体代表の福田晃治氏(42)(国民新=民主推薦)ら2新人を破り、3選を果たした。

 山本氏は、自民党県議団などの組織に頼らず、街頭で有権者に直接訴える“都市型”の選挙戦を展開。テレビのバラエティー番組出演などによる知名度の高さも生かし、無党派層にも浸透した。

 改選定数が前回までの2から1になり、前回まで2人擁立の自民党が候補を山本氏に絞ったこともあり、他候補を寄せ付けなかった。民主党が県連の不正経理問題の影響で独自候補を擁立できず、年金記録漏れ問題などによる逆風もほとんど吹かなかった。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-29 21:20 | 政治  

<< 安倍政権の改革路線が否定された... 郵政造反組、元運輸相の無所属・... >>