参院選: 何かおかしい、投票所で頻発した“ミス”

三重・伊賀で9人分の選挙区選と比例選の用紙取り違え
7月29日12時48分配信 読売新聞

 三重県選管は29日、伊賀市西明寺町の中瀬小体育館の投票所で、参院選の投票に訪れた有権者9人(男性5人、女性4人)に選挙区選の投票用紙と誤って比例代表選の用紙を交付するミスがあったと発表した。

 9人は異なる用紙で選挙区選の投票をしたため、公選法の規定によって投票が無効になった。

 県選管によると、同日午前7時ごろ、最初に投票に訪れた9人に対し、伊賀市選管の職員が投票用紙を取り違えて渡した。県選管は交付の際、職員5人で確認するよう指導していたが、当時、確認にあたったのは2人だけだったという。



<参院選>9人に投票用紙の交付ミス 18票無効に 三重
7月29日13時21分配信 毎日新聞

 三重県選挙管理委員会は29日、同日投開票の参院選で、同県伊賀市内の投票所で男女9人に対し投票用紙の交付ミスがあったと発表した。交付機に用紙を設置する際、選挙区用を比例代表に、比例代表用を選挙区にそれぞれ誤って入れていたのが原因。交付係2人も投票用紙の色が違うのに気付かず、そのまま配布していた。

 交付ミスがあったのは同市西明寺の同市立中瀬小学校の投票所。午前7時の投票開始直後に男女9人が訪れ、投票を済ませた。10人目に訪れた男性が用紙が違うことを指摘しミスに気付いた。9人の票は選挙区と比例代表とも逆の投票箱に入れており計18票が無効票になる。

<参院選>10人に投票用紙交付ミス 岐阜でも
7月29日15時17分配信 毎日新聞

 岐阜県山県市選管は29日の参院選の投票で、有権者10人に選挙区用と比例代表用の投票用紙を逆に渡すミスがあったと発表した。10人はそのまま投票したとみられ、その場合は無効票になる。

 市選管によると、同市岩佐の市西武芸投票所で午前7時の投票開始から約10分間に訪れた10人に対し、市職員が選挙区用と比例代表用の投票用紙を渡す順序を間違った。市選管の横山春美委員長は「不手際により、大切な一票が無効となるおそれが生じ、大変申し訳ない」と謝罪した。【中村かさね】

長野・茨城・山形でも同様のミス、投票が無効になる可能性
7月29日15時40分配信 読売新聞

 長野市、茨城県大子町、山形県鮭川(さけがわ)村の各選管で29日、参院選の投票に訪れた有権者に対し、選挙区選と比例選の投票用紙を取り違えて交付するミスがあった。

 有権者が間違えに気付かずに投票した場合、無効になる。

 長野市では同市松代町の西条小学校投票所で午前7時の開場直後から、投票用紙を交付する交付機が不調だったため、有権者9人に対し、選挙区選と比例選の投票用紙が間違えて交付された。10人目の有権者がミスに気づき、9人目は比例選のみ正しく投票した。

 大子町選管によると、大子町浅川の浅川投票所で、職員が有権者に投票用紙を手渡した際、選挙区選と比例選の投票用紙を間違えたという。午前7時の受け付け開始から5人目の有権者が選挙区選の投票を終えた後、職員が誤りに気づいた。

岐阜・山県で10人に選挙区選と比例選の用紙取り違え交付
7月29日18時2分配信 読売新聞

 岐阜県選管は29日、同県山県市岩佐の西武芸(にしむげ)公民館の投票所で、参院選の投票に訪れた有権者10人(男性4人、女性6人)に、選挙区選と比例選の投票用紙を取り違えて交付するミスがあったと発表した。

 県選管などによると、同日午前7時過ぎ、同市職員が、投票に訪れた有権者に投票用紙を誤って渡した。10人目の有権者に投票用紙を渡す際、取り違えていたことに気づいた。このため、すでに投票を済ませた9人の選挙区選と比例選、10人目の比例選の投票が無効となる可能性がある。

 横山春美・同市選管委員長は、「事務上の不手際が原因で大変申し訳ない。再発防止に最善を尽くす」とコメントした。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-29 12:48 | 政治  

<< 郵政造反組、元運輸相の無所属・... 読売“最新”調査でも「30台へ転落」 >>