首相補佐官・世耕氏、2新人振り切り3選…和歌山

2007年7月29日22時9分 読売新聞

 和歌山選挙区(改選定数1)では、首相補佐官を務める現職の世耕弘成氏(44)(自民=公明推薦)が、NGO運営委員の阪口直人氏(44)(民主=国民新推薦)ら新人2人を振り切って3選を果たした。

 安倍内閣の広報を担当する世耕氏は、高い知名度と町村部を中心に築いてきた強固な地盤が強み。経済が停滞する和歌山の活性化策として「ふるさと納税」の導入を打ち出したほか、選挙戦序盤では与党への逆風をかわすため、時間を割いて年金記録漏れ問題への対応を丁寧に説明し理解を求めた。

 中盤以降は、支持層が薄いとされる和歌山市内での演説会や地元企業回りに力を入れ、公明党の支援もテコに議席をつかんだ。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-29 22:09 | 政治  

<< <参院選>自民の片山参院幹事長... 安倍政権の改革路線が否定された... >>