麻生外相、投開票日翌日にフィリピンへ出発

2007年7月28日 22時00分 日本経済新聞

 麻生太郎外相は参院選投開票日の翌日の30日から5日間の日程で、フィリピンを訪問する。東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中韓の外相会合やASEAN地域フォーラム(ARF)に出席、北朝鮮核問題や地域情勢など安全保障問題を協議する。

 訪比中は中国やインドの外相と個別会談を予定、ARFに参加する北朝鮮の朴義春(パク・ウィチュン)外相と短時間接触する可能性もある。

 参院選の結果により安倍晋三首相の進退問題が浮上すれば、外相が「ポスト安倍」候補として注目される可能性もあるが、外相周辺は「選挙結果により外交日程を変える考えは無い」としている。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-28 22:00 | 政治  

<< 民主・武内氏初当選、「美しい国... 麻生氏こそアルツハイマー=批判... >>