自民・川口順子元外相が2回目の当選、比例選では初

7月30日3時6分配信 読売新聞

f0013182_3355519.jpg 比例選で、自民党現職の川口順子元外相(66)が、2回目の当選を果たした。川口氏は、比例選での当選は初めて。

 旧通産省出身。サントリー常務などを経て、2000年7月、森内閣で民間から環境庁長官に抜てき、初代環境相も務めた。小泉内閣でも再任され、02年2月に田中真紀子外相(当時)の更迭を受け、外相に横滑り。外相退任後も首相補佐官として小泉内閣を支えた。05年10月の参院神奈川選挙区補選で参院議員に初当選した。

 今回は比例選への鞍替え出馬となったが、年金問題の逆風も、要職を務めた実績や高い知名度を背景に、小泉前首相らの支援も受け、議席を確保した。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 03:06 | 政治  

<< 公明ショック、自民に不満=与党... 首相続投に「えっ」=加藤氏絶句... >>