公明党・草川副代表が落選

7月30日6時17分配信 読売新聞

f0013182_100270.jpg 比例選で公明党の草川昭三副代表(78)が落選した。

 草川氏は衆院8期を務めた党の重鎮。2000年の衆院選(愛知6区)で落選したが、01年の参院選比例選にくら替えして当選した。青木参院議員会長ら自民党幹部と太いパイプを持ち、自公連立与党の選挙、国会運営などでの協力体制づくりに貢献してきた。

 公明党は内規で国会議員の定年を66歳としており、草川氏は、今回の選挙には出馬せず、引退する方向だったが、党執行部が「草川氏の経験と人脈が必要だ。集票力もある」と判断、特例扱いで出馬した。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 06:17 | 政治  

<< 山本一太氏 3選も自民惨敗で複雑… 全議席が確定 民主60、自民37 >>