政治とカネ、逆風厳しく・自民

2007年7月30日 4時58分 日本経済新聞

f0013182_10402216.jpg 「想像できないような逆風だった」。歴史的大敗が確実となった東京・永田町の自民党本部。片山虎之助氏ら“指定席”扱いだった有力前職が落選、1人区でも次々と敗北が決まる中、党幹部の表情には失望感が漂った。

 午後10時過ぎ、安倍晋三首相が報道陣の前に姿を現し、当選者の名前に花を付けるポーズ。しかし、これまで独占していた四国の4選挙区ですべての議席を失うなど、ボードの花はまばら。当選を決めた比例候補から握手を求められても、日焼けした顔に笑顔はなかった。

 年金記録の不備、閣僚に相次いだ政治とカネを巡る問題など逆風の中、終盤戦の演説では「勝たせてください」と懇願調で訴えた。「惨敗の責任は私にある」と総括する首相は「(政策の)基本路線は理解をいただいた」と改革路線を維持して続投する意欲を強調したが、疲れが浮かぶ顔は能面のように表情がなかった。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 04:58 | 政治  

<< 当選にも沈む丸川陣営 「勝ち抜... 吉報に一転「ほっと」 当選のヤ... >>