<参院選>フジモリ氏が敗戦の弁「運動できず残念」

7月30日3時53分配信 毎日新聞

 【サンティアゴ庭田学】国民新党から参院選比例代表に立候補し、落選が確実となった元ペルー大統領、アルベルト・フジモリさん(69)は30日午前3時(現地時間29日午後2時)過ぎ、軟禁状態にあるチリの首都サンティアゴの自宅で「日本で選挙運動ができず残念な結果になった。これからも日本と世界のために頑張りたい」と日本語で敗戦の弁を述べた。今後の政治活動については「これからゆっくり考えたい」と語った。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 03:53 | 政治  

<< <訃報>反戦運動の旗手、作家の... 公明ショック、自民に不満=与党... >>