首相続投に「えっ」=加藤氏絶句、山崎氏も批判-参院選

2007/07/30-03:03 時事通信

 自民党の加藤紘一元幹事長は30日未明、取材に対し、参院選での自民党惨敗にもかかわらず安倍晋三首相が続投を表明したことについて「えっと思った」と強い疑問を呈した。

 さらに「続投した場合、首相だけではなく、自民党自体がぼろぼろになる危険性をはらむ」と強調。「よほど政策面で市場原理主義からの大転換など大胆なことをしないといけない」と述べた。

 また、山崎拓前副総裁も29日夜、地元民放テレビに出演し、「国民の審判だから謙虚に受け止めなければならない」と述べ、退陣を決断しなかった首相を批判した。(了)
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 03:03 | 政治  

<< 自民・川口順子元外相が2回目の... 比例選で自民・丸山弁護士が初当選 >>