民主、参院で攻勢…参院議長や議運委員長を要求へ

7月30日11時2分配信 読売新聞

 民主党は、参院で与野党逆転を果たしたことを踏まえ、参院を舞台に政府・与党への攻勢を強める。

 まずは、8月上旬の臨時国会で行われる予定の議長と副議長の選挙や常任委員長の指名などで主要ポストをおさえ、国会運営で主導権を握る方針だ。

 特に、参院議長に加え、参院の議事運営の要である議院運営委員長ポストを要求する方針だ。

 議院運営委員会は本会議の日程のほか、重要法案や首相、閣僚に対する問責決議案の取り扱いなどを決める。1993年の細川政権発足時に「参院議運委員長は与党」との申し合わせを与野党間で作った。

 しかし、民主党は「この申し合わせに縛られない」と主張。議長をおさえても、議運委員長を取らないと国会運営の主導権を握れないと判断しているためだ。与党が抵抗した場合、本会議での多数決による決着も視野に入れて対応する。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 11:02 | 政治  

<< <参院選>高い関心示すも「失速... <参院選>逆転参院国会は様変わ... >>