くら替え候補、14人が当選=「郵政」落選組ら国政復帰【07参院選】

2007/07/30-07:02 時事通信

 今回の参院選でくら替えを目指した衆院議員経験者30人のうち14人が当選、国政復帰を果たした。躍進した民主党は、くら替え候補16人中11人が当選。このうち、9人が一昨年の郵政解散で議席を失った元衆院議員だった。

 元自民党衆院議員で郵政民営化に反対し、落選後に民主党入りした川上義博氏は鳥取選挙区で当選。同党では、現職の衆院議員から千葉選挙区に出馬した長浜博行氏も転身に成功した。

 自民党の郵政反対組では、復党して比例代表から出馬した衛藤晟一氏が当選。無所属ながら、同党の推薦を得て岐阜選挙区から立候補した藤井孝男氏も返り咲いた。

 また、自民党を離れた郵政反対組を中心に結党した国民新党からは、7人の元衆院議員が出馬。このうち自民党の医療関連団体票などを取り込んだ自見庄三郎元郵政相が比例代表で当選した。(了)
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 07:02 | 政治  

<< 構造改革路線、修正圧力も 外交... 自民40議席割る大惨敗…年金問... >>