参院選比例選で落選、自民・福本陣営事務所などを捜索

7月30日13時54分配信 読売新聞

 自民党新人として参院選比例選に出馬して落選した福本亜細亜氏(33)の陣営が公示前、福本氏が卒業した東北福祉大の野球部OBらに、投票を呼びかける法定外の文書を宅配便で発送するなどしていた疑いが強まり、警視庁捜査2課は30日、公職選挙法違反(文書頒布)の疑いで、東京都葛飾区内の福本氏の選挙事務所などを捜索した。

 同課の調べによると、法定外の文書は今月12日の参院選の公示前、全国各地の東北福祉大野球部のOBらに発送されていた。

 福本候補は自民党の平沢勝栄衆院議員の秘書を経て、2005年11月までの1期4年間、葛飾区議を務めた。参院選比例選では5万4618票を獲得したが、同党の33位で落選した。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 13:54 | 政治  

<< 自民惨敗で東証全面安 <参院>青木氏、民主議長を容認... >>