安倍首相続投を批判=「退陣が常識」-朝鮮総連機関紙

7月30日18時0分配信 時事通信

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙・朝鮮新報(電子版)は30日、参院選で与党が惨敗したにもかかわらず安倍晋三首相が続投表明したことを批判した。

 同紙は自民党が37議席にとどまったことについて、「文字通り歴史的な大敗だ」と指摘。さらに、「自ら退陣することが(日本の)慣例であり常識だが、そのような感覚すら(安倍首相には)ないようだ」との見解を示した。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 18:00 | 政治  

<< 「最終期限」再び進展なく経過=... 安倍首相の続投に賛成、早期に内... >>