丸川珠代当選 でも、記者からは心配をされていた

7月30日 10時04分 アメーバニュース

5月の出馬表明以来、何かと話題を振りまいてきた元テレビ朝日アナウンサーの丸川珠代氏(36)が、参議院選挙で当選を果たした。5議席ある東京で4位に入った。

 選挙権がないことが明らかになったり、大混雑のフジテレビ前や野球の試合終了後に東京ドーム近くで演説したりと批判が多いが、丸川氏を取材していた新聞記者達は「よく通ったな」と今驚くと同時に、「丸川さんはムリだ」と選挙運動中に他社の記者と共に話し合っていたことを「自分達の勘は当たらない」と反省もしている。

 選挙期間中、丸川氏のファッションと言動は記者達の話題となった。「珍」ファッションであり、「珍」言動だと捉えられていたため、「当選は難しいのでは?」と囁かれていたのだ。

「丸川さんの演説はとにかくチグハグしている。演説でも“頑張ります”といった“意思”表示をするだけで、明確な政策や主張が見えない。そして事あるごとに“日本人でよかった”といったことを言うだけなのです。別に母親のことなんて言わないでもいいですよ! アンタの生い立ちよりも、“何をやる?”を聞きたいよ、と思った。あと、いたたまれなくなって突然片山さつき議員に抱きついた時は皆ボーゼンでしたよ」(全国紙政治部記者)。

「あと、あのファッション。パンツ姿の方が選挙では好感が持てるというセオリーを無視し、常に女の色香を出すスカート姿。選挙権がないことが明らかになった後は、一転して黒いスーツ。これには“葬式か?”や“今さら就職活動?”と記者の中では驚きの声があがりました。まぁ、“就職活動”であることには間違いありませんけど」(応援に行った新聞社社員)とのことだ。

 だが、「美しい日本」を作ろうとする安倍政権の中で、「日本人でよかった」という丸川氏はピッタリの人材かもしれない。これからの政治手腕に期待だ。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 10:04 | 政治  

<< 首相居座り「民意無視」 九州・... 野党に国会主導権 与党、強行採... >>