閣僚人事でも誓約書?=自民幹事長、失点に苦虫

7月30日21時1分配信 時事通信

 自民党の中川秀直幹事長は30日夕、フジテレビの番組で、安倍晋三首相が表明した臨時国会後の内閣改造について「不適切な発言がないよう、政治とカネの問題でも疑惑を持たれないよう(内定者には)きちっと誓約書を取ってやった方がいい」と述べ、閣僚の失言や不祥事を防ぐため、誓約書の提出を事前に求めるべきだとの考えを示した。

 中川氏は昨年末の郵政民営化造反組の復党に際しても誓約書の提出を求め、平沼赳夫元経産相がこれを拒否するなど物議を醸した。番組では「年金記録問題、政治とカネ、不適切発言の逆風3点セットで大敗を喫した」と語り、閣僚の相次ぐ失点に苦り切った様子だった。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 21:01 | 政治  

<< 民主、首相の早期退陣、解散・総... 自公、地固めに必死 参院自民は... >>