<外遊>政府・自民党幹部が続々と 首相続投を既成事実化

7月30日21時54分配信 毎日新聞

 続投を決めた安倍晋三首相に対する責任論がくすぶる中、政府・自民党の幹部が続々と外遊する。首相続投の既成事実化を象徴する光景だ。

 麻生太郎外相は30日夕、東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)外相会議などに出席するためフィリピンへ出発した。森喜朗元首相も8月1日から東南アジアを訪問する。

 小池百合子防衛相も8月上旬に訪米し、11月に期限切れを迎えるテロ対策特別措置法の延長問題で日米同盟に悪影響を及ぼすことはないと米政府に説明する予定だ。

 首相に批判的な加藤紘一元幹事長も8月1日から2日間、日中の小学生交流事業の団長として北京を訪れる。【野口武則】
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 21:54 | 政治  

<< 「新・郵政族のドン」片山氏落選... <地震判定会>静岡県中部で「地... >>