「景気、雇用は好調」=首相続投を支持-山本金融相

7月31日13時1分配信 時事通信

f0013182_13414974.jpg 山本有二金融担当相は31日の閣議後記者会見で、参院選の与党敗因について、「前回の衆院選で自民党を圧倒的に支持した層が今回は民主党支持に回った」と、1人区で浮動票を獲得できなかったことを挙げた。また、首相退陣を求める声が高まっていることに関しては、「国のリーダーは景気と雇用を最優先すべきだ」とした上で、「景気は堅調に推移し、雇用情勢も失業率が低下している」と強調。「現政権は過去10~15年で最も好調を持続しており、今後も政権運営に期待すべきだ」と語り、首相続投に理解を示した。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-31 13:01 | 政治  

<< 小沢民主党代表が役員会出席 安... 偽薬の製造・販売で15人を拘束... >>