赤城農水相が会見 選挙への影響コメントせず

7月31日12時55分配信 産経新聞

 事務所経費などに関して数々の問題が浮上している赤城徳彦農林水産相は31日の閣議後会見で、参議院選挙の自民党大敗について、「いろいろなご批判、ご指摘は厳粛に受け止めたい」と述べる一方、自らの問題の選挙への影響や責任については「コメントは差し控えたい」と繰り返し、言及を避けた。

 また、安倍首相が政治資金について党内に新たな規約をつくるよう指示したことについては「新たな規約が決まれば、それに沿って対応したい」と、現段階で自らの事務所費についてさらに説明する考えのないことを明らかにした。

 自らの進退については「与えられた職責を果たしたい」と述べるにとどまった。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-31 12:55 | 政治  

<< 偽薬の製造・販売で15人を拘束... 荒波の安倍号、どこへ…(上)「... >>