自民総務会で首相退陣論が噴出「政権選択迫ってしまった」

7月31日14時59分配信 読売新聞

 自民党は31日午前、党本部で総務会を開き、参院選の結果について協議し、出席者からは続投を決めた安倍首相の退陣を促す意見も出た。

 この中で、石破茂・元防衛長官が「首相は『私か(民主党代表の)小沢さんかの選択だ』と訴えた。これを私どもはどう説明するのか。挙党一致はこの答えにならない。次の選挙で振り子現象を期待するのは難しい」と述べた。野田毅・元自治相も、「首相自ら政権選択を迫ってしまったので、道は一つしかない。決断されたほうがよろしいのではないか」と語った。

 深谷隆司・元通産相は、「赤城農相は辞めるべきだ。年金記録漏れ問題や『政治とカネ』の問題では、泥縄式の対応が多すぎた」と述べ、政府や党執行部の対応を厳しく批判した。



自民総務会で首相続投に注文相次ぐ
7月31日14時31分配信 産経新聞

 自民党は31日、党本部総務会を開き、参院選の大敗後に続投を表明した首相に対し「首相は『私か小沢一郎民主党代表の選択かだ』と訴えたのに、どう説明するのか」(石破茂元防衛庁長官)、「首相は政権選択を迫ったのだから、道は1つしかない」(野田毅元自治相)などの注文が相次いだ。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-31 14:59 | 政治  

<< 丸川当選 宗教パワー 菅総務相、放送法改正案修正に柔... >>