領収書、新ルールで公表=新農業制度は抜本見直しせず-赤城農水相

7月31日15時1分配信 時事通信

 赤城徳彦農水相は31日の閣議後記者会見で、関連政治団体の事務所費問題をめぐり、「(安倍晋三首相の指示に基づいて)新たな規約が定まればそれに沿って対応する」と述べ、自民党が8月中にまとめる新ルールに沿って支出を裏付ける領収書を公表する考えを示した。農水相はこれまで領収書の公表を繰り返し拒否し、世論の反発を招いていた。

 また、今回の参院選で民主党が「小規模農家切り捨て」と批判してきた同省の新制度「品目横断的経営安定対策」について、農水相は「これまで十分議論を尽くして決めたこと」と答え、抜本的に見直す考えがないことを強調した。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-31 15:01 | 政治  

<< わが子を“セレブ”に!? 子供... 丸川当選 宗教パワー >>