各閣僚、続投に異論なく=「政治空白許されない」と安倍首相

7月31日15時1分配信 時事通信

 安倍晋三首相は31日午前の閣僚懇談会で、与党が惨敗した参院選について「厳しい結果だ。しかし政治の空白は許されない」と述べ、続投を決断したことに理解を求めた。その上で「一層緊張感を持って(職務に)当たってほしい」と指示した。敗北の原因については「地方で改革の痛みを感じていることが表れた」と語った。

 閣議後の記者会見では、首相続投に対し、異論を唱える閣僚はいなかった。ただ、渡辺喜美行革担当相は「カド番の認識を持ち続けなければならない」と、緊張感が必要なことを強調。参院広島選挙区から勝ち上がった溝手顕正国家公安委員長は「信頼回復は大変だ」と指摘した。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-31 15:01 | 政治  

<< わが子を“セレブ”に!? 子供... 丸川当選 宗教パワー >>