<麻生外相>フィリピン外相と会談 核・拉致問題で協力要請

7月31日17時55分配信 毎日新聞

 【マニラ大前仁】東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)に出席するためマニラを訪問中の麻生太郎外相は31日、ASEAN議長国を務めるフィリピンのロムロ外相と会談した。麻生外相は北朝鮮の核・拉致問題について「一連の外相会談の議長声明で明確なメッセージを出せるよう配慮を願いたい」と協力を要請。ロムロ外相は「拉致は日本人の安全にかかわる問題と認識している。ASEANも拉致を含めた問題解決に協力していきたい」と応じた。

 会談では、ASEAN域内での日本企業の生産拠点・市場開拓につながる日ASEAN経済連携協定(EPA)の早期合意を目指すことで合意した。さらに両外相は会談後、同国内の洪水予報システム改善など総額13億8800万円の無償資金協力に関する覚書に署名した。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-31 17:55 | 政治  

<< 【中国】北京大学・清華大学、最... 首相辞任論、続投上回る 内閣... >>