首相辞任論、続投上回る 内閣支持29%で低迷

2007/07/31 17:51 共同通信

 共同通信社は30、31の両日、参院選の結果を受けて全国緊急電話世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は29・0%と6月初めの前回調査から6・8ポイント下落、不支持は59・0%と10・3ポイント増加した。安倍晋三首相(自民党総裁)は「辞任すべきだ」との回答が49・5%で、「続けるべきだ」とした43・7%を5・8ポイント上回った。

 参院選での自民党惨敗後も引き続き政権を担うと表明した安倍首相に対し、辞任を求める声が回答の半数近くに上ったことは、世論の風当たりの強さが表れたものだ。

 内閣支持率も低迷しており、参院選公示後の14、15両日行った電話世論調査(第4回トレンド調査)の28・1%を除けば、一連の世論調査で最も低くなった。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-31 17:51 | 政治  

<< <麻生外相>フィリピン外相と会... 官房長官に復興支援要望=長岡市長 >>