事務所費報告せよ、外部監査も…改造前で自民党ピリピリ

7月31日15時36分配信 読売新聞

 首相は参院選後、検討している政治資金規正法の再改正に加え、中川幹事長に政治資金の透明化に向けた具体策を検討するよう指示した。

 党改革実行本部(本部長=石原伸晃幹事長代理)がまとめた案は、資金管理団体と「関連するすべての政治団体」を対象に、架空計上や二重計上と疑われる不自然な経常経費支出がないか、過去3年間の政治資金収支報告書について、外部監査を受けさせる。国会議員がそれぞれ外部の公認会計士などに依頼して監査を受け、報告書を党本部に提出する。結果の公表も検討している。

 実行本部ではこうした方針を臨時国会が召集される8月7日に正式決定して、同月中に完了させたい考えだ。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-31 15:36 | 政治  

<< マレーシアの学生団体、G・ステ... わが子を“セレブ”に!? 子供... >>