首相責任論揺り戻し=不満表面化、人事で思惑も-自民

7月31日23時1分配信 時事通信

 自民党内から31日、参院選での自民党惨敗について、安倍晋三首相の責任を追及する意見が噴き出した。参院選後、首相は最終結果の判明を待たずにいち早く続投を表明、責任論を封じ込めたはずだった。しかし、「自民大敗」による衝撃は大きく、党内にくすぶっていた首相への不満が顕在化した格好だ。

 31日午前の総務会は、首相批判の大合唱となった。野田毅元自治相が「参院選で政権選択を迫ったからには、道は一つしかない」と首相に退陣を促すと、石破茂元防衛庁長官も「みんなが本心を吐露すべきだ。夏休み返上で(選挙結果の総括を)やるべきだ」と訴えた。

 首相の出身派閥の町村派の総会でも、「落選者や党員に対し、申し訳ないという気持ちが首相からは感じられない」との声が上がった。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-31 23:01 | 政治  

<< <年金運用>3兆7千億円黒字…... <尾身財務相>「消費税見直し論... >>