安倍首相明言「人心一新する」赤城農相、事実上の更迭へ

8月1日 サンスポ

 赤城農相はクビ! 安倍首相は7月31日夜、記者団に「赤城大臣も含めて人心一新する」と述べ、8月末にも実施する内閣改造で赤城氏を事実上更迭する考えを明言した。首相が内閣改造に絡み現職閣僚の処遇を具体的に言及するのは異例だ。

 党内から赤城氏辞任を求める声が高まっていることに配慮したとみられる。赤城氏は自殺した松岡利勝前農相の後任として6月1日に就任したばかりだが、事務所費問題やばんそうこう問題などが相次いで浮上した。

 赤城氏は同31日の閣議後会見で、「今後の農林水産政策に取り組みたい」と“続投宣言”。自身の問題の選挙敗北への影響は「コメントを差し控えたい」と繰り返した。

 また首相は「補佐官も含めて人事について熟慮する」と言及。現在4人いる首相補佐官についても内閣改造と同時に交代を検討していることを明らかにした。補佐官人事は、世耕弘成氏(44)ら首相に近い人材ばかりを集めたとして「仲良し官邸団」との批判が党内で上がっていた。

 首相経験者から出ている改造時期の前倒し論については「いろいろな政治日程をよく見ながら熟慮断行する」と消極的な考えを示した。

★世論調査、半数が「辞任すべき」…支持率も下落、29%に

 共同通信社は7月30、31の両日、参院選の結果を受けて全国緊急電話世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は29.0%と6月初めの前回調査から6.8ポイント下落、不支持は59.0%と10.3ポイント増加した。安倍晋三首相は「辞任すべきだ」との回答が49.5%で、「続けるべきだ」とした43.7%を5.8ポイント上回った。

 内閣支持率も低迷しており、参院選公示後の同14、15両日行った電話世論調査(第4回トレンド調査)の28.1%を除けば、一連の世論調査で最も低くなった。次の首相に誰がふさわしいかでは、民主党の小沢一郎代表が17.6%とトップ。次いで麻生太郎外相14.8%、小泉純一郎前首相の13.5%が続いた。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-01 08:00 | 政治  

<< 消費税上げ 09年度実施は困難... 青木議員会長が引責辞任へ 後... >>