緊急世論調査 首相退陣論、続投超す 「次は小沢氏」最多

2007年08月01日00時04分 西日本新聞

 共同通信社は30、31両日、参院選の結果を受けて全国緊急電話世論調査を実施した。参院選での自民党惨敗にかかわらず続投を表明した安倍晋三首相に対し、「辞めるべきだ」との回答が49.5%で、「続けるべきだ」とした43.7%を5.8ポイント上回った。内閣支持率も29.0%と6月初めの前回調査から6.8ポイント下落、不支持は59.0%と10.3ポイント増加した。

 安倍首相に辞任を求める声が回答の半数近くに上ったことは、世論の風当たりの強さが表れたもの。内閣支持率も低迷しており、参院選公示後の7月14、15両日行った電話世論調査(第4回トレンド調査)の28.1%を除けば、一連の世論調査で最も低くなった。

 首相支持の理由として「首相に指導力がある」を挙げた人も1.9%と最低レベルとなった。

 政党支持率は民主党が37.6%と前回から15.4ポイント上昇し自民党を逆転。自民党は31.5%で前回と変わらず。民主党の支持率は2003年秋の旧自由党との合併以降最高で、自民党を上回ったのは04年8月以来。

 与野党逆転の参院選結果について、「よかった」が47.0%、「よくなかった」の12.9%を大きく上回ったが、「どちらともいえない」との答えも39.6%。

 今後の政府、与党の対応について「衆院を解散し国民に信を問うべきだ」が48.0%で、「野党との政策協調を進めるべきだ」の37.6%を上回った。次の衆院選は「いつがよいと思うか」との問いでは「年内」が29.0%、「来年前半までに」が31.6%で合わせて6割を超えた。

 安倍首相の次の首相に誰がふさわしいかでは、民主党の小沢一郎代表が17.6%とトップに。次いで麻生太郎外相14.8%、小泉純一郎前首相の13.5%が続いた。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-01 00:04 | 政治  

<< 慰安婦問題、日本の対応に満足=... インフレ率、10万%!?=ジンバブエ >>