民主、天下り根絶法案提出へ…政府・与党に揺さぶり

8月1日3時4分配信 読売新聞

 民主党は31日、秋の臨時国会で、国家公務員の再就職あっせんを全面禁止する天下り根絶法案を参院に提出する方針を固めた。

 ほかの野党の協力を得て参院で可決する。

 衆院では否決される見通しだが、政府の取り組みとの違いをアピールする狙いがある。また、年金保険料を福祉施設建設などに充当できないようにする年金保険料流用禁止法案も参院に提出する方針だ。

 天下り規制について、政府は公務員制度改革関連法に基づき、各省による再就職先のあっせんを2011年に禁止し、内閣府に新設する「官民人材交流センター」に一元管理する制度を導入するとしている。

 しかし、民主党は、「天下りそのものをなくさないと、官製談合や税金の無駄遣いは解決しない」と主張している。このため、天下り根絶法案は、退職後5年間は原則、天下り禁止とし、政府による再就職あっせんや、定年前の早期勧奨退職を禁止する内容だ。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-01 03:04 | 政治  

<< <政府>新生銀優先株を普通株に転換へ <コシヒカリ業者>仕入れを水増... >>