「ポスト」要求 町村派が自粛

8月1日8時2分配信 産経新聞

 安倍晋三首相が所属していた町村派は31日、都内のホテルで在京議員総会を開き、内閣改造・党役員人事での「ポスト」要求を自粛し、挙党態勢構築に向け、他派閥に協力を求めていく方針を決めた。

 今回の参院選では、津島派など各派は議員数を大幅に減らす中、町村派だけは多数当選し、他派閥に不満がくすぶっている。このため、町村信孝元外相は「首相をしっかり支えていくために(他派閥に)丁寧にお願いしていく姿勢を続けたい」とあいさつし、所属議員に謙虚な姿勢を貫くように念を押した。

 町村派では、参院選で初当選した議員に対しても町村派への勧誘を自粛することを決定。町村派事務総長の中山成彬元文科相の妻、中山恭子首相補佐官も当面無派閥で活動することになった。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-01 08:02 | 政治  

<< 【安倍敗北 韓国流解釈】対北政... 消費税上げ 09年度実施は困難... >>