青木議員会長が引責辞任へ 後任は8月後半選出

2007/08/01 07:37 徳島新聞

 自民党の青木幹雄参院議員会長は1日昼の参院執行部会で、参院選惨敗の責任を取り議員会長を退く考えを正式に表明、辞任する。

 後任は人選が難航しているため、お盆明けの8月後半に選出を先送りする。片山虎之助参院幹事長の落選でナンバー2も空席となるため、新執行部の陣容が決まるまで青木氏が会長、幹事長の「職務代行者」として当面の党務をこなす方向だ。

 参院執行部は7日召集予定の臨時国会で自民党から選ばれる副議長の人選を本格化。会長、幹事長や常任委員長の人事に関しては「有力候補だった議員の落選が相次いだ」(幹部)ことから仕切り直し、安倍晋三首相が8月下旬のアジア歴訪後に行う方針の内閣改造、党役員人事をにらみながら決定する考えだ。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-01 07:37 | 政治  

<< 参院選報道 鈴木哲夫さんに聞く... 安倍外交に試練、政局絡み日程に影響も >>