「遅すぎる」、与党突き放し=早期改造求める声も-赤城農水相辞任

8月1日15時2分配信 時事通信

 赤城徳彦農水相が自らの事務所費問題などが参院選惨敗の一因だったことを認め、辞任したことについて、与党内は「当然だ。むしろ遅すぎた」と突き放した受け止めが大勢だ。早期の内閣改造を求める声も出ている。

 自民党の中川秀直幹事長は1日の記者会見で、「参院選の敗因の一つであると理解し、もう少し早い決断があってしかるべきだった」と、辞任が遅きに失したことを指摘した。その上で「新しい内閣では政治とカネの透明性を基礎的条件にすべきだ」と強調。内閣改造に当たり政治資金に関する身辺調査を徹底するよう求めた。

 公明党の北側一雄幹事長は国会内で記者団に対し「首相の任命責任もないとは言えない。人心一新のため内閣改造に早く着手してもらいたい」と語った。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-01 15:02 | 政治  

<< <湯の花トンネル事件>米軍銃撃... 米、タリバンへの譲歩に反対=韓... >>