安倍首相の政治姿勢を酷評=自民惨敗で-NYタイムズ

8月1日16時0分配信 時事通信

 【ニューヨーク1日時事】1日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は、参院選での与党惨敗に関連して「絶体絶命の安倍首相」と題する社説を掲載した。その中で同紙は、「年金制度の維持といった本質的な問題を無視し、(憲法改正など)軍国主義の復活に固執している印象を与え有権者に懸念を抱かせた」と指摘した上で、「極めて不人気な首相」と酷評した。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-01 16:00 | 政治  

<< 青木参院議員会長が辞任 作詞家の阿久悠さんが死去 70歳 >>