「青木体制」に幕=実力者落選、会長人事は難航-参院自民

8月1日19時2分配信 時事通信

 自民党の青木幹雄参院議員会長が1日、参院選惨敗の責任を取り辞任した。「参院のドン」として長らく君臨してきた青木氏が表舞台から退き、「青木体制」の幕は下ろされた。しかし、青木氏の後継と見られた片山虎之助前幹事長ら実力者が相次いで落選し、「ポスト青木」の本命候補は見当たらない。新会長選出の調整は難航必至で、参院で過半数割れした自民党にとって苦難の道は続きそうだ。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-01 19:02 | 政治  

<< <スーダン>ダルフール紛争解決... 米下院決議を評価=塩崎官房長官 >>