米下院決議を評価=塩崎官房長官

8月1日19時1分配信 時事通信

 塩崎恭久官房長官は1日午後の記者会見で、米下院外交委員会が日米同盟の重要性やテロとの戦いへの日本の貢献を評価する決議案を可決したことについて「先に安倍晋三首相が訪米した際に議会指導者と会談したが、議員側から日米同盟の重要性について超党派のコンセンサスがあるとの発言があった。こうした発言が今回の決議に込められていると思う」と評価した。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-01 19:01 | 政治  

<< 取材費受領の職員を戒告=内閣官房 10月に解散総選挙か=ブラウン... >>