政治の空白を作らないようにしたい=農相辞任で安倍首相

8月1日19時43分配信 ロイター

 [東京 1日 ロイター] 安倍晋三首相は1日夕、記者会見し、参議院選挙の惨敗や赤城徳彦農相辞任に伴う自身の責任と進退について「政治の空白を作らないにようにしなければいけない」と述べ、辞任の考えがないことを改めて示した。

 赤城農相の辞任が遅きに失したのではないかとの質問には「今にして思えば反省すべき点があった」と述べた。ただ、きょうの辞任は「内閣改造や党役員人事のタイミングに影響しない」とし、内閣改造などのタイミングは「政治日程を考えて判断したい」と語った。

 また、安倍首相は、赤城農相を事実上更迭した理由について「事務所経費の会計上の処理について、事務所自体の処理能力に問題があるという判断をせざるを得ないと思った」と説明。自らの任命責任については「当然、私に全ての責任がある」としたものの、具体的な責任の取り方に関しては「今後、政策面において、しっかりと国民の期待に応えていくことで責任を果たしていきたい」と述べ、辞任する考えがないことを重ねて強調した。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-01 19:43 | 政治  

<< <野球プレ五輪>星野ジャパンは... 朝青龍だけの問題か=角界に望ま... >>