<公明党>参院選総括 太田代表、惨敗を陳謝

8月2日13時26分配信 毎日新聞

 公明党は2日午前、党本部で中央幹事会を開き、参院選の総括を8月中にまとめることを決めた。01年参院選(13議席)を下回る9議席の惨敗を受け、太田昭宏代表は「選挙戦は大変厳しかった。心から申し訳ない」と陳謝。安倍晋三首相との先月30日の党首会談で「『政治とカネ』の透明性が求められている。憲法論議も大事だが生活にも目を配ってほしい」と要請したことを明らかにし、理解を求めた。

 幹事会終了後、北側一雄幹事長は記者団に「惜敗した埼玉、神奈川、愛知3選挙区について客観的に総括したい」と述べ、自民党との選挙協力のあり方などを再検討する考えを示した。【野口武則】
[PR]

by deracine69 | 2007-08-02 13:26 | 政治  

<< 公明党が冬柴国土交通相の留任要請へ 衆院選候補、自民に触手も=民主・菅氏 >>