(当)義家弘介(自民)「ヤンキー国会に生きる」にブーイング

8月2日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 元ヤンキーを売りにした元教師には元共産党員疑惑まで浮上したが、元参院議員を名乗れる“資格”だけは確保した。

 もっとも、出馬を決めた時から悪評プンプンだった。安倍首相から誘いがあると、教育再生会議を放り出し、ふたつ返事でOK。ライフワークより権力の変節ぶりには、身内からも「私なら職をまっとうした」(伊吹文科相)と批判された。あの大仁田センセイにまで「教育再生会議は自民党の候補者養成機関なのか」と言われる始末。台風で街頭演説をキャンセルした時は、丸山弁護士からも「ヤンキーならほえろ」と怒られた。

 選挙運動では、同じくツッパリが売りの横浜銀蝿リーダーと横浜でやったのが目立った程度。それでも当選しちゃったから、「選挙に出ません」とウソをついて出演した法務省の非行防止PRビデオはお蔵入り。税金のムダ遣いになった。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-02 10:00 | 政治  

<< 駐日米大使の会談要請、小沢氏側... 領収書持ってきただけ 公開かた... >>