首相、被爆者と一転面会へ

8月3日 22時50分 日本経済新聞

 安倍晋三首相は2日、広島と長崎での慰霊式典への出席にあわせて被爆者と面会する意向を示した。首相は当初、被爆者代表の要望を聞く広島市での会合を欠席するとしていたが、一転して面会時間を確保することにした。久間章生前防衛相の原爆投下を巡る失言を批判する関係者の声などに配慮したものとみられる。首相官邸内で記者団の質問に答えた。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-03 03:06 | 政治  

<< 「自民と一体」が敗因 公明、安... <NOVA>3カ月間で講師70... >>