領収書添付「1円以上」に異論=政治資金透明化、論議スタート-自民

8月3日15時1分配信 時事通信

 自民党の党改革実行本部(本部長・石原伸晃幹事長代理)は3日午前、党本部でコンプライアンス(法令順守)小委員会を開き、政治資金の透明化策の議論を開始した。石原氏は、すべての政治団体を対象に1円以上の支出について領収書添付を義務付けることとし、政治資金規正法を再改正する方針を提案したが、異論が相次ぎ、結論を持ち越した。

 石原氏は冒頭、「政治資金の透明化について成案を得るべく議論願いたい」と述べ、月内の具体案とりまとめに協力を求めた。これに対し、出席者からは「支出によっては領収書を取れないものがあり、すべてに添付するのは難しい」「7万あるすべての政治団体に義務付けることが可能なのか」などといった批判や疑念が出された。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-03 15:01 | 政治  

<< 山本一太議員が逆風にさらされる... <韓国航空会社>日本乗り入れ、... >>