<政治とカネ>1円以上の領収書義務化、結論先送り 自民

8月3日20時49分配信 毎日新聞

 自民党は3日、党改革実行本部でコンプライアンス(法令順守)小委員会を開いたが、政治団体の「1円以上」の経常経費に領収書添付を義務づけるとの中川秀直幹事長案に異論が相次ぎ、結論を先送りした。党内規には盛り込まず、政治資金規正法の再改正論議で検討していく方向だ。ただ安倍晋三首相は3日、1円以上の義務付けに同調を表明。透明性の確保を図る構えを示した。

 また同本部は、閣僚不祥事の再発防止のため、党所属国会議員に関連政治団体の03~06年の4年間分の事務所費を点検させる方針を固めた。

 中川幹事長は1日、領収書の添付義務を資金管理団体からすべての政治団体に広げ、対象も5万円以上から1円以上に拡大する考えを表明。党の内規で定め、法の再改正を前に党国会議員に適用する方針を示した。

 だが、3日の小委では批判が噴出。「新執行部で議論すべきだ」との意見も出た。終了後、本部長の石原伸晃幹事長代理は「(『1円以上』は)党の内規ではなく政治資金規正法の議論でやる」と記者団に語った。

 一方、領収書の添付を「1万円超」としてきた民主党も3日、「1円以上」に厳格化する法案の国会提出を目指す方針を示した。【渡辺創】

 【ことば】領収書公開問題 先の通常国会で改正された政治資金規正法は、それまで総額のみの報告だった資金管理団体の経常経費(人件費を除く)について「5万円以上」の支出に領収書添付を義務付けた。「1万円超」とする法案を提出していた民主党はこの法改正を「ザル法」と批判。参院選敗北後、中川秀直自民党幹事長は民主案より厳しい「1円以上」公開案を示し、まず党の内規とする意向を表明していた。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-03 20:49 | 政治  

<< <柏崎刈羽原発>6号機の天井ク... 「保険加入」と宣伝でうそ=熱... >>