塩崎官房長官、続投をアピール? 「私はいつも150パーセント」

8月4日8時0分配信 産経新聞

 「私はいつも150%の力を出してやっている」。塩崎恭久官房長官は3日の記者会見で、これまでの自らの取り組みを問われ、“全力投球”の姿勢を強調した。

 安倍晋三首相による次の内閣改造の方針を「能力実績主義」と強調した上での発言。「能力実績なら、参院選の結果を考えると全閣僚落第ではないか」と記者団に問われると、「それはみなさんが判断すること」とかわしつつも、自身の「実績」はしっかりPR。

 自民党内から批判が出ている「お友達内閣」(山崎拓元副総裁)の代表的閣僚として、その去就が注目されている塩崎氏。間接的に続投意欲をアピール?
[PR]

by deracine69 | 2007-08-04 08:00 | 政治  

<< 核テロ防止条約に加盟 日本政府 「安倍首相で衆院選を」、自民県... >>