<駐日米大使>小沢氏と来週会談 テロ特措法問題など説明

8月4日0時16分配信 毎日新聞

 シーファー駐日米大使は3日、東京都内で日本人記者団に対し、小沢一郎民主党代表と来週、会談することを明らかにした。テロ対策特措法延長問題について、民主党が方針を決める前に米国の考えを説明するという。

 同大使は「テロと戦う連合に日本が加わることは重要だ。日米間だけでなく、日本が国際社会でどういう位置を占めるかという問題だ。できるだけ多くの情報を小沢氏に提供したい」と述べ、テロ特措法の延長が重要との認識を示した。

 参院選の結果について「選挙では外交や日米関係は争点にならなかった。日米関係に基本的な変化はない」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-04 00:16 | 政治  

<< ミート社の肉を使った加工食品、... 偽人民元札、香港でも上半期に4千枚 >>