知事選でしこり、自民・群馬が財務相ら公認申請せずと決定

8月5日8時54分配信 読売新聞

 自民党群馬県連は4日、県議団総会を開き、先月22日の知事選で県連の要請を断って党公認候補をほとんど応援しなかったとし、尾身幸次財務相(衆院比例選北関東ブロック)と中曽根弘文元文相(参院群馬選挙区)を、それぞれ次の選挙で党本部に公認申請しないことを決めた。

 知事選では、5選を目指した無所属現職・小寺弘之氏に対し、同党は前県議会議長・大沢正明氏を公認候補として擁立。“保守分裂”の激戦の末、大沢氏が初当選した。

 県連は、5月24日の県議団総会で、知事選への貢献度が低い場合には次の国政選挙で公認申請をしないとする方針を出していた。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-05 08:54 | 政治  

<< クリントン氏のリード広がる=米... リビアへの武器売却問題で調査委... >>