<原爆症>認定基準、見直し検討指示へ…安倍首相

8月5日20時49分配信 毎日新聞

 安倍晋三首相は5日、広島市で被爆者団体の代表と面談、原爆症の認定基準について「専門家の判断を基に、見直すことを検討させたい」と話した。原爆症認定を巡っては、全国で国を相手に集団訴訟が起こされており、政治的解決へ向け一歩前進した形となった。訴訟は今まで6地裁で国が敗訴し、国の認定基準の限界が指摘されていた。

 安倍首相は被爆者7団体の代表と面談。関係者によると、同訴訟の早期解決を求める被爆者側に対し、見直し指示の考えを示した。訴訟そのものについては「法律的観点から各省庁で検討しているが、裁判は別として、国として何ができるのかを検討させている」と話した。具体的な支援策には触れなかった。

 また在外被爆者への支援策で、「6日に柳沢伯夫厚生労働相から説明がある」と言及。北朝鮮在住の被爆者の実態調査では「日朝関係全般の中で考えていきたい」と述べた。

 さらに、久間章生前防衛相の「(原爆投下は)しょうがない」発言について謝罪した。【下原知広、近藤大介】
[PR]

by deracine69 | 2007-08-05 20:49 | 政治  

<< 香港、異例の好天 <朝青龍>「神経衰弱、抑うつ」... >>