<上海万博>開幕まで1000日 宣伝活動が本格スタート

8月5日19時26分配信 毎日新聞

 【上海・大谷麻由美】2010年5月開幕の上海万博まで残り1000日となった上海市で5日、万博の歴史と上海万博の内容を紹介する巡回展など、宣伝活動が本格的にスタートした。上海万博は、08年北京五輪と併せて中国が発展の成果を世界にアピールする機会となる。

 上海市の韓正市長は巡回展の開幕式で、「各界の力を結集し、全国が共同で万博に参加できるような大きな土台を作りたい」とあいさつした。「上海市が万博向けの開発や建設で利益を独占しようとしている」との他地域からの批判に配慮し、全国的な協力態勢を強調した格好だ。

 上海万博のテーマは「より良い都市、より良い生活」。7月末までに日本を含む158カ国・地域・組織が参加を表明した。目標入場者数は約7000万人で、日本からは約150万人の来場が期待されている。入場料は160元(約2500円)。今月2日にはインターネット上に、万博の概要や中国の観光情報などを紹介する日本語版サイトも開設された。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-05 19:26 | 政治  

<< 口蹄疫、研究施設が感染源か=ワ... イラクで少女レイプ殺害、見張り... >>