衆院選試算 民主350議席で圧勝

8月3日10時1分配信 日刊ゲンダイ

 参院選の比例代表で、民主党と自民党がそれぞれ獲得した得票数を次の衆院選に割り当て獲得議席を予測してみると、ビックリの数字が浮かび上がった。「民主が350議席と圧勝、自民は89議席で惨敗」となる――。このシミュレーション、あくまで単純計算ながら、民主、自民の両党が300小選挙区すべてに候補を擁立したと仮定。今回の参院選比例代表で両党が全国の各市町村で獲得した票数を、衆院の小選挙区、比例代表ブロックの両方に割り当てた。

 その結果、民主党が小選挙区で265、比例で85を獲得し大躍進するのに対し、自民は小選挙区で34、比例で55しか得られず大惨敗を喫することになる。郵政一本に絞って自民党が大勝した前回の衆院選でも獲得議席は296。今回参院選での民主党の獲得票数は小泉旋風をしのぐ圧勝だったことが判明した。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-03 10:01 | 政治  

<< 「豪快な号外」3000万部印刷... 安倍キャッチフレーズ「美しい国... >>