自民党の「1円から領収書」改正案

8月5日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 安倍自民党が大慌てで、政治資金規正法改正案を詰めている。1日、明らかになった方針は、「すべての政治団体を対象に1円以上の領収書を公開すること」(中川秀直幹事長)で、秋の臨時国会に法案提出することはもちろん、すぐに党内規則を設けて、対応に取り組むことを言明した。

 しかし、周囲は「こんなことできるの?」と冷ややかだ。自民党は先の通常国会で、厳しい民主党案を潰したばかり。民主党案は「すべての政治団体を対象に1万円超の領収書添付」だったが、自民は「政治活動の自由を損なう」とか何とか言って、「国会議員の政治資金管理団体に限り、5万円以上の人件費以外の領収書添付」という大甘改正案を通したのである。その後、赤城の問題が発覚し、「資金管理団体以外では何でもあり」の実態が浮かび上がると、安倍はなるべく資金管理団体を通すように内規を作る方針を表明したが、言いっ放しで、党は無視した。

 こんな自民党が「1円以上の領収書添付」ができるのか。
[PR]

by deracine69 | 2007-08-05 10:00 | 政治  

<< 広告主を逆に読むと…、軍政トッ... アフガン拉致 カルザイ大統領と... >>